<< 富岡製糸場     そういえば我が家はふたりっ子だった >>