<< 拝啓、 汐文社様     ひらいでの菜種油の石鹸 >>